今日学んだこと

分かっていることは書かない。分かっていないから書いて学ぶ。だから「今日学んだこと」なのです。

成長とは、考え方×情熱×能力#122

(写真:空の火照り その1)

天邪鬼

「見てよ、オリヴァー、これ。あのジジイ、本気で殴りやがって。」

宙は、前田町に殴られたところを見せて、オリヴァー相手に毒づいていた。

「ああ、それはディザスターだったね。」

顔をコンピューターに向けたまま、オリヴァーが答える。

「あんな奴ら、味方につけやがって。」

「だけど、ソラ、君もランボウだぞ。女の子にボウリョクはよくない。」

「向こうから先に手を出して来たんだ。本気で殴りかかってきたから、お腹を脚で思い切り蹴って逃げたんだ。」

「え?」

オリヴァーがコンピューターから、顔を上げて振り向いた。

「カヨコはノープロブレムなのか?」

「さあ、夜は苦しそうにウンウン唸ってたけど、朝には姿がなかったから、息だけはしてるだろ。」

「ソラ、君はカヨコが心配じゃないのか?」

「さあ、ライバルが一人減って良かったんじゃない?」

「カヨコは・・・、今、どこで、何してる!?」

オリヴァーが、彼らしくない感情的な言い方をした。それは、宙を少しばかり驚かせ、また怯ませもした。

「し、しらないよ。知るもんか!まだ、家でウンウン言ってるだろ。」

「ソラ、カヨコにコールしてくれないか?」

「え、嫌だよ。昨日、喧嘩したばかりじゃないか。」

「ソラ、女の子にとって、お腹はとてもタイセツなんだ。ワカルダロ?」

「それくらい、知ってるよ。」

「じゃあ、コールするんだ。」

「オリヴァー、自分でしたらいいじゃん。」

「ソラ!」

有無を言わさないオリヴァーの口調に、

「チェッ、分かったよ」と渋々ソラは携帯電話を取り出して、歌陽子をコールした。

数回のコールの後、

「はい、歌陽子です」と姉が応答した。

そして、電話の相手が宙だと気づくと、

「あ、こら!宙、あんたねえ!」

ブツッ。

一方的に会話を切断した宙は、

「チェッ、生きてたぜ」と忌々しげに吐き出した。

「そうか、ならばいい。」

それを聞いてオリヴァーは、あっさりとまたコンピューターに向かった。

・・・

「ん?誰だ?」

「あ、弟の宙です。」

「あのクソガキか。」

(人の弟をクソガキって・・・。)

人の身内だろうが、野田平には呵責がない。遠慮と言う感覚が欠落している。
そこを前田町がフォローする。

「さぞ、嬢ちゃんのことが心配で電話してきたんだろうぜ。」

「そうでしょうか。」

「あれはなあ、天邪鬼の生まれ変わりのような坊主よ。好きなら嫌い、嫌いなら好き。欲しいものは要らねえ、要らねえもんは欲しい。なんもかんも逆さまなのよ。」

「天邪鬼なのは間違いないです。」

「だから、一番嫌ってる相手が、ホントのところ一番でえじなんだよ。」

「一番大事・・・。でも、確かに、前はああではありませんでした。宙は、大人に反抗ばかりしていましたけど、わたしには不思議と素直だったんです。それが、去年私が就職してから急にひどいことを言うようになって・・・。」

「ああ、それな、よくあるぜ。
子供が自立しようとすると、急に束縛がキツくなる親とかな。結局、自分一人じゃ生きられなくて、誰かに寄っかかってなけりゃ生きられねえ。あの坊主にとって、嬢ちゃんがそれなのよ。就職して自立されて、自分だけ置き去られたような気持ちになったんじゃねえか?」

「はあ、だとしたら・・・、疲れます・・・。」

「まあ、それだけ、嬢ちゃんが人から好かれやすいってことだけどな。」

「はああ、そうなんですか?」

「ところでよお、カヨ。お前さっきから何持ってるんだ?」

「あ、これ。すいません、出すのが遅くなって。安希子さんが作ってくれました。
この辺り、食事するところないでしょ。」

「はあ、と言うことは昼メシか?」

「はい。」

パッと輝いた野田平の顔に、歌陽子がいい笑顔を返した。

(#123に続く)