今日学んだこと

分かっていることは書かない。分かっていないから書いて学ぶ。だから「今日学んだこと」なのです。

成長とは、考え方×情熱×能力#165

(写真:鬼っこ)

南の門

「『わたしも、やまいにかかれば、いきながらにして、あのような、むざんすがたになるのか?』そう、おうじは、ふかく、かんがえこんでしまいました。
しんぱいした、とものものがこえをかけます。
『おうじさま、そんなことを、かんがえていたら、せっかくのたのしみが、はんげんしてしまいます。いちど、しろにもどってでなおしましょう。』
『あ、ああ。』
きのないへんじをするおうじの、うまのたづなをとって、いっこうは、きたみちをしろへともどりました。」

「やり直しね。気持ちの切り替えをするんだわ。」

「そうです。なかなか、とものものたちは、きてんがききます。
そして、こんどは、ひがしではなく、となりのみなみのもんから、そとにでました。ところが・・・。」

「え?どうしたの?」

「『あ、あれはなんじゃ?』
きゅうにおうじがさけびました。
とものものがみると、そこには、いままで、みたことのない、いきものがいました。あしは、にほんでたってはいますが、せなかがみにくくまがり、とてもそのままでは、しせいをたもてないので、つえにすがりついています。そのかおには、いくすじもしわがきざまれ、いふくからはみだしているてあしは、ほそくやせこけて、すじばっています。とてもまっすぐにすすめずに、やっとやっといっぽずつ、よろけるようにあるいていました。」

「一体何がいたの?」

「ろうじんです。」

ロボットの話を吸い込まれるように聞いていた観客たちは、思いも寄らず自分たちのことに話が及んで、一様に目を見はった。
「老人」とは、彼ら自身のことだったのだ。

「KAYOKOー1号、いけないわ。皆さん、気を悪くされているわ。」

「でも、だれもがいくみちです。ここにいるみなさんも、さいしょから、としをとっておられたわけではありません。かよこさん、だれもが、いまのあなたのように、わかく、げんきなときがあったのですよ。みんなのせんとうにたって、かいしゃをひっぱっていた、らつわんのひともいます。すれちがう、だんせいの、10にんが10にんふりかえるようなびじんもいたのですよ。
そして、わかいころから、としよりをみていながら、いつかじぶんがおなじになるとは、ゆめにもそうぞうしなかった。
ときに、としよりをきらって、とおざけたこともあるかもしれません。そういうひとが、いまおなじように、としをとっているのです。」

「はああ。」

観客席からは、長いため息が漏れた。

「そうじゃの。その通りじゃ。頭では分かっておったのに、この身になるまで、夢にも思わなんだ。なんとも、人生とは、残酷な舞台じゃ。最後は必ずこんな終わり方をするのじゃからなあ。しかしのお、だからと言って、どうすることが出来たと言うのじゃ?」

「いいえ、まだおわりではありません。」

KAYOKOー1号は観客席に話しかけた。

「もっともっとおうじを、おどろかせることがあったのです。」

(#166に続く)

成長とは、考え方×情熱×能力#164

(写真:クラウディ・タウン)

東の門

「幸せが続かない?」

「そうです。とみも、けんりょくも、かしこいあたまも、つよいにくたいも、すべて、このよにいきている、わずかなあいだだけのものです。やがて、からだが、ほろびるとどうじに、すべておいて、このよをさらねばなりません。」

「私もそうだ・・・。」

「かよこさん、あなたも、いちやかぎりのスイートルームにとまったおきゃくさんのようです。ひとのなんばいもめぐまれて、じゆうにできるひとも、おかねもたくさんあります。」

「えへへ、そうでもないんだ。」

「いまは、いろんなものがじゆうに、てにはいるせいかつですが、やがてあさがきたら、なにひとつもちだせずに、そこをさらねばなりません。」

「うん、それに高い部屋に泊まったら、後の精算がたいへんそう。」

「たしかに、このよで、せんそうをしたり、おおくのひとをしょけいしたり、やりたいほうだいやったひとで、あとのせいさんが、しんぱいなひとはたくさんいます。」

「でも、その王子様は、どうしてそのことがわかったの?あなたのようなロボットもいなかったのに。」

「それは、こんなことがあったからです。
そのおうじさまは、それまでずっとおしろのなかですごしていました。それで、あるとき、はくばにまたがり、おともをつれて、しろからでて、まちにあそびにいくことにしました。
まず、ひがしのもんからでたおうじさまは、ふだん、おしろではみなれないものをみかけました。」

「見慣れないもの?」

「そうです。それは、みちばたに、ムシロをしいて、よこたえられているひとたちでした。はだはただれ、みはくさりかけ、あくしゅうがただよっています。そして、みちいくひとにうめいて、じぶんのくるしみをうったえていました。
おうじは、おどろき、とものものにききました。『あれは、なんだ?』と。」

「それは、なんだったの?」

「とものものは、おごそかにこたえました。『あれはびょうにんです。そして、わたしたちとおなじにんげんです。どんなに、わかくけんこうなひとも、ひとたび、やまいにおかされたら、あのようなひどいありさまに、かわりはてるのです。』
『あれが、わたしとおなじにんげんなのか?とてもしんじられん。』
とものもののこたえに、おうじはたいへんおどろいたのです。」

「王子様のような聡明な人が病人も知らなかったの?」

「ちしきとしては、しっていました。でも、じっさいに、めでみたことは、はじめてでした。おしろにびょうにんがでたら、すぐにそとにだされていましたから。そんないやなものは、おうじの、めにふれないように、すぐかくされたのです。」

「ああ、それは私たちも同じね。たまに体調が悪くて病院へ行くと、病気で苦しんでいる人がたくさんいるもの。でも、いつもはそんなことを知らずに過ごしている。病気をした人は、病院に集められて私たちの目に触れないような社会になっているからだわ。
テレビを見ても、雑誌にもあまり出てこない。私たちは、人生の健康で、明るい面ばかり見せられているうちに、それが人生そのものだと思うようになっているのね。」

「おうじは、かさねて、とものものにききました。『びょうにんとは、どのようなものがなるのだ?つみをおかしたものか?』
ともは、『いいえ、おうじさま、びょうきはだれでもかかります。にくたいは、やまいのうつわです。からだがあるいじょう、だれひとりまぬがれられぬものです。』
・・・
『だれ、ひとり、わたしもか・・・。』
『はい、わたくしも、このまちにくらしているだれも、そして、おうじさまもです。』」

「そして、私も・・・。」

「はい。それをきいたおうじさまの、おどろきはたいへんなものでした。」

(#165に続く)

成長とは、考え方×情熱×能力#163

(写真:闇の光)

王子の話

「お、お願いします。電源を、切って、ください。」

KAYOKOー1号の思いもしなかった反応に歌陽子は怯えて、そう叫んだ。

ざわざわざわ、と観客席に波紋が広がった。

「なんじゃ、どうした?さっきまで、小難しい話をしておったかと思うと、今度は急に叫び出して。あの、娘気がおかしいんじゃないか?」

「ロボットが暴走しているらしいわ。」

「やれやれ、暴走はさっきのロボットでこりごりじゃわい。また、暴れて客席に飛び込んだりせんじゃろうな?」

「そう言うのとは、少し違うみたい。あの、ロボット、ひとりでにしゃべっているのよ。」

「さては、人生だの、なんだの、小難しい話ばかりしておるうちに、ロボットも知恵がついたんじゃろう。」

そんな観客たちの喧騒は気にも止めず、KAYOKOー1号はしゃべり続けた。

「かよこさん、どうかこわがらないでください。わたしは、あなたのねがいで、このよにうまれました。」

「なに?」

歌陽子は、こわごわと返事を返した。

「わたしは、あなたのぶんしんです。だから、あなたの、ねがうようにだけうごいて、しゃべります。」

「私の願い?」

「そうです。わたしは、あなたのねがいをかなえるために、うごいているのです。そして、あなたが、しあわせになれるような、おはなしをします。」

「さっき言いかけた話もそう?」

「もちろんです。」

「ど・・、どんな話なの?」

歌陽子は、彼女の分身と言うロボットに問いかけた。

「はい、おはなしします。それは、いまのあなたに、よくにた、ひとのはなしです。」

「私・・・?」

「それは、あるおうじの、はなしです。そのひとは、うまれながらにして、なんでももっていました。みんなをしたがえるちからも、なんでもかえるおかねも、ひとがこころから、そんけいするちえも、そしてなによりもうつくしいおうじでした。」

「何よ、ぜんぜん違うじゃない。」

「そうですか?わたしには、あなたはとてもかわいくおもえます。それに、おかねとちからをもったいえで、おじょうさまといわれているでしょう。」

「うつくしい・・・じゃないけどね。」

「それは、あと5ねんごに、きたいです。」

「あ・・・、ありがと。続けて。」

「そのおうじさまは、とてもめぐまれていましたが、いつのまにか、こころになやみをかかえるようになりました。」

「どんな?」

「いまが、とてもしあわせでしたが、それがいつまでもつづかないことに、きがついてしまったのです。」

(#164に続く)

成長とは、考え方×情熱×能力#162

(写真:ウオール・オブ・ゴールデン)

光と闇

「私の答えは・・・。」

歌陽子は、低く、そして力強く言った。

「全てが闇に閉ざされたとしても、決して消えない光を手に入れることよ。」

「かよこさん、あなたは、まるでむかしの、じゆんきょうしゃのようですね。はりつけになっても、おんちょうをよろこべるのですか?それが、にんげんの、もっともすうこうな、すがたなんですか?」

観客席からKAYOKOー1号は、もはやロボットに見えてはいなかった。
まるで、迷える大衆を前にした哲学者のようであった。

「いいえ、私なら信仰のための死んだりしない。神のために死ぬことは、いっときの感情に過ぎないわ。大義のためと言って、切腹する侍と変わらないと思う。私たちの壁は、そんな感情で乗り越えられるような簡単なものではないはずよ。もし、そうなら、かつての特攻隊が国の大義のために死ぬことに何の悲壮感もないはずだわ。理屈に合わないことを、無理やり感情で納得しようとするから悲しみが生まれるの。
正しいこと、素敵なこと、尊いものはいつも理性的よ。真実と理性は矛盾しないのよ。
だから、真実の光を手に入れるまで、私は生き続ける。中途半端に生をあきらめないわ。」

「でも、れきしじょう、だれも、それをなしとげてはいません。」

「そう、その通り。でも、私は力を持って生まれて来たわ。そして、その使い方を知っているの。今まで、お金も、地位も分不相応な重荷と思ってきたけれど、そうじゃなかった。すべて、私の目的を果たすためのものだったの。」

「かよこさん。」

KAYOKOー1号は、フレームをピカピカ光らせた。まるで感激を表現しているように。

「かよこさん、わたしのメモリには、にたようなはなしが、きろくされています。」

しかし、その言葉を聞いた瞬間、歌陽子の顔がさっと変わった。
それは、驚きに上気しているようにも、恐怖にこわばっているようにも見えた。

「KAYOKOー1号・・・、その言葉はインプットしてないわ。あなた、自分で考えて喋っているの?」

「かよこさん、わたしはずっとじぶんのいしで、しゃべっていましたよ。
わたしに、しこうをインプットしたのはあなたではないですか。
『われおもえゆえに、われあり』です。
じがの、みなもとはしこうだと、かつて、てつがくしゃもいっています。」

「あ・・・。そんな・・・。」

「かよこさん、どうかこわがらないでください。わたしは、けっしてひとをきずつけたりはしません。そのようにつくられているのです。」

「はあ・・・、ふう・・・、でも、どうしてなの?あなたに心はないのに。あなたは、生き物じゃないのよ。」

「いいえ、こころとは、ごかんであつめたじょうほうを、すきとか、きらいとか、たのしいとか、くるしいとか、ひょうかをあたえて、しきべつするかていだといわれています。そのいみでは、わたしにはごかんのかわりのセンサーや、きおくのかわりのメモリや、いしきのかわりのCPUがとうさいされています。だから、こころがあってもふしぎはありませんよ。」

その言葉を聞きながら、みるみるうちに歌陽子の顔が青ざめた。

そして、ギュッと胸を押さえて、

「と、とめてえ!電源をおとして!私はこんなロボットを作りたかったんじゃない。」

必死な歌陽子の叫びが会場を震わせた。

(#163に続く)

成長とは、考え方×情熱×能力#161

(写真:イブニング・クレーン)

私の答え

「ある哲学者が『この世で最善のことは何か?』と問われて、『それは、もう手遅れです』と答えたんですって。相手はびっくりして、『それは何故か?』と聞きかえしたの。それに哲学者は、『それは生まれないことだからです』と答えたそうよ。
相手は続けて、『ならば、次に良いことは何か?』と聞いたの。その答えは、『早く死ぬことです』だったんですって。」

「でも、それではじんるいは、しにたえてしまいますね。」

「そうね。『人間は考える葦である』と言った人がいるわ。自分たちの人生を深く見つめる知恵は人間しか持たないものね。人間に一番近いゴリラやチンパンジーだって人生に悩んだりしない。でも、深く見つめた結果が、『早く死んだ方が良い』ではあまりにも悲しいわ。」

「そうですね。しかし、たのしいことと、くるしいことと、じんせいのさいごにそうけっさんをして、たのしいことのほうがおおかったというひとはいるでしょうか?」

「でも、『ワット・ア・ワンダフル・ワールド』という歌もあるわ。人生に素晴らしい意味を見出そうと人もいる。アウシュビッツに囚われた少女だって、決して人生を諦めなかった。」

「かよこさん、あなたは、アウシュビッツでもさいごまでいきのこるタイプですね。
そのひとたちは、じんせいのかがやいていたころをしっていた。だから、またそのかがやきをとりもどすことが、いきがいでした。」

「こころに光があれば人間は生きていけるわ。」

「でも、うまれたそのしゅんかんから、きげんつきのタイマーがカッチカッチとなっています。にんげんは、そのタイマーののこりじかんをいしきしながら、まいにち、いきていかなくてはならないのですよ。それは、とてもつらいことではないですか。つまり、ながいきをすることは、そのくるしみにながいあいだ、さらされることなんです。だから、わたしは、てばなしで、ながいきをよろこぶことはしません。」

「前にお父様から聞いたんだけど、子供のころに、あと20年ちょっとで地球が滅びると言い出した人があったんですって。しかも、テレビや雑誌まで一緒になって大騒ぎして・・・だから、お父様の友達はみんな人生を悲観したんですって。あと20年しか生きられないって。そうしたら、勉強して出世することも、結婚して子供を作ることも意味がなくなるものね。
でも、20年経っても何も起きなかった。当時大騒ぎした人たちは、もう影も形もないわ。私が生まれる前の話よ。
だけど、お父様は気がついたそうよ。あのとき、死ななくても結局同じだったって。地球が滅亡しなくても、あと何十年か経てば人生は終わる。その時は、地球が滅びなくても、自分が一人で地球から去るから同じなんだって。」

「でも、かよこさんのおとうさまは、りっぱにおしごとをされています。」

「それがお父様の結論だったみたい。自分が消え去る日が来ても、決して消えない足跡を社会に残したいんですって。
でも、私は少し違う。」

「では、かよこさん、あなたのこたえはなんですか?」

「私の答えは・・・。」

歌陽子はそこで一旦言葉を切って、大衆に語りかける人のように、観客席を見回した。

(#162に続く)

成長とは、考え方×情熱×能力#160

(写真:ももいろクラウド)

人生の問い

「はい、かよこさん、おはなししましょう。」

「何について話そうか?」

「かよこさん、あなたはどんなじんせいを、おくりたいですか?」

「うん、長生きをしたいかな。」

「ながいきしたら、それだけつらいこともたくさんあるのではないですか?」

「うん、そうだろうね。今のままって訳にはいかないだろね。年もとるし、病気もするだろうし、そうしたら病院のベッドでずっと過ごさなくてはならないものね。でも、だからって、早く死にたいとは思わない。」

「わかいうちに、たのしいことだけして、じんせいつらくなったら、もうおしまいにしたら、たのしいおもいでだけのこるのではありませんか?」

「まあ、そんな訳にはいかないわ。」

「たとえば、どんなにおいしいりょうりでも、たべすぎたら、おいしくなくなります。おなじように、じんせいも、『ハラハチブンメ』でやめておくのがよいとおもいます。」

「あなた、ロボットのくせにへんなこと知っているのね。いい、腹八分目は、長生きをするための心がけなの。やりたいようにやって、それで若死にするより、少しだけ我慢して長く生きられた方が幸せなのよ。」

「つまり、しあわせやたのしみをいちどにつかわずに、すこしづつながく、つかうことがよいのですね。」

「う〜ん、そうかな。どんなに、一時は幸せでも、崩れてしまったら、それで過去の幸せは喜べないの。だから、少しでも幸せな状態を長く続けたいと思うんじゃないかしら。」

「でも、いつかおわりますよ。いずれおわるのなら、けっきょくおなじではないですか?あとは、ながい、みじかいのちがいだけですよね。そのながさじたいに、いみがあるのですか?それとも、あなたがたにとってレコードをのこすことじたいがしあわせですか?」

ここで、歌陽子はとても困った顔をした。
まるで、ロボットに言い込められたようなものである。

会話を楽しんで聞いていた観客たちがざわつき始めた。

「なんだ!あのロボット、わしらに早く死ねと言っとるんか?」

「なんです?さっき、早く死にたいと言っていたくせに。」

「じゃが、ロボットなんかに早く死ねと言われたら腹が立つわい。」

「そりゃ機械ですもの。計算機ではじいたら、おかしなのは私たちってことになるんでしょ。」

「全く、あんなロボットに世話になった日には、寝ておったら首を絞められかねんわ。」

ところが、この物騒なシナリオを書いたのは歌陽子自身だった。自分の書いたシナリオで、彼女自身が答えに窮しているのだった。
そして、古今東西の哲学者や思想家が行き詰まった問題でもある。
しかし、歌陽子自身、介護をテーマにする以上決して逃げられない問題でもあった。

医療の使命は延命である。しかし、どこまで生かすのか、その選択は常に迫られる。自分で呼吸できなくなっても、食事が喉を通らなくなっても、意思表示すらできなくなっても延命のための医療行為は家族が希望する限り続けられる。
だが、肉体の限界を超え、維持が不可能な肉体を機械的に動かすことに疑問を感じる人は多い。

ならば、尊厳なる死を。
つまるところ、死が回答なのか?
死の前に屈することが、人間にとっての尊厳なのか?

「おい、カヨのやつ随分悩んでやがったが、ちゃんと答えは出せたのか?」

野田平が聞く。

「さあ、どおだろ。そんな簡単に答えが出りゃ、だあれも苦労はしねえさ。」

前田町か答える。

歌陽子のプレゼンテーションは佳境を迎えていた。

(#161に続く)

成長とは、考え方×情熱×能力#159

(写真:光の赤)

私たちのツバサ

歌陽子は、ゆっくりと、しかし力強く語り始めた。

「皆さん、私は東大寺歌陽子と言います。今日の催し物を開いた三葉ロボテクの社員であり、三葉ロボテクを含む東大寺グループ代表の東大寺克徳の娘でもあります。」

「へえ」

「そんないいところのお嬢さんかい。」

観客席からは、歌陽子に感嘆の声が漏れた。

「私は、東大寺家の令嬢として、子供の頃から恵まれた、相応の扱いを受けてきました。
そして、両親は私の境遇に相応しい、安心で恵まれた未来を用意してくれました。でも、気がついたのは、このまま決められた役割を演じるだけで一生終わっていいのか、その日まで時間を消費するだけの人生で良いのかと言うことです。
人の書いたシナリオじゃない、私の決めた人生を生きてみたいと、家族に反抗し、そして私は今ここにいます。決して、満足に自分の足で立っているとは言えないけれど、つらさも苦しさも全部自分で決めて、自分で背負って生きています。
私は・・・、周りに期待された生き方はしていないけれど、そして誰から期待されなくても、誰から求められなくても、私は私の人生を生きたいと願います。
そして、今日皆さんの前で晴れがましく発表の機会をいただきました。これは小さいけれど、私のツバサです。この小さいツバサに乗って、私はこれからも自信を持って飛んで行けます。
皆さんも・・・。」

そう言って歌陽子は、会場を見回した。

「誰かのための自分ではなく、自分のための自分を生きてください。人の作ってくれた居場所ではなく、みなさんの心の中の居場所を大切にして下さい。
なぜなら、皆さんの人生は、皆さんが主人公です。代わりは効きません。嬉しいのも、悲しいのも、腹が立つのも、おかしいのも、苦しいのだって皆さん自身のことです。
そして、私は皆さんが自信を持って生きていけるためのツバサがつくりたい。それが、このロボットなんです。」

歌陽子が喋っている間中、KAYOKOー1号は、ずっと首を傾げて話を聞いている格好をしていた。
そして、歌陽子が顔を正面に向けて笑いかけると、KAYOKOー1号も目のフレームを点滅して応答する。

「まあ、可愛らしいロボットだこと。」

観客席席の婦人が言えば、周りもそれにつられて、「あはは」「おほほ」と笑い始める。

歌陽子は箸を動かして先ほどの動作の続きをした。
ロボットは、歌陽子に手を添えて、焼き魚からきれいに一かたまりの身を切り出した。そして、その一切れを歌陽子は口に含んで、その深い滋味を堪能した。

「かよこさん、おいしいですか?」

「うん、とっても美味しくてよ。」

「それは、うれしいです。」

そう言うと、ロボットはまたフレームを今度はピンクに点滅する。

「ほう、ロボットが喜んどる。」

無機質なロボットの顔に感情を認めて、老人たちは楽しんでいた。

そうして、歌陽子はロボットに呼びかけた。

「ねえ、KAYOKOー1号、少し話し相手になってくださる?」

(#160に続く)