今日学んだこと

分かっていることは書かない。分かっていないから書いて学ぶ。だから「今日学んだこと」なのです。

成長とは、考え方×情熱×能力#111

(写真:紅葉の吉崎 その1)

愚人の会話

「え?」と足を止め、振り返るオリヴァー。

「ワンモア、アゲイン。」

流れでつい口にしたことをもう一回繰り返せと言う。分かってやっているなら、オリヴァーはかなりの小悪党である。

「い、いえ、なんでもないです。」

歌陽子は無難にごまかすことにした。

だが、

「確か、『バカなの?』って聞こえた気がしたけど。」

(なあんだ、全部聞こえてるじゃん。)

だから、観念して素直に答えた。

「はい・・・、そう言いました。」

「カヨコ、君、前にも僕に『ヘンタイ』って言ったよね?」

(うわあ、覚えてる!)

あの時は、オリヴァーにしたたかにみぞおちをぶたれた。

「あのさ、僕に『ヘンタイ』とか『バカ』とか言う女の子はアジアじゃ君くらいだよ。」

「じゃあ、アジア以外ではあったんですか?」

機転を利かせて歌陽子が切り返す。

「え、まあ、シリコンバレーじゃいつもだったよ。東洋系はどうしても軽く見られるからね。だけど・・・、カヨコの『バカなの?』はそう言う意味じゃないだろ?」

「・・・。」

歌陽子は、しばらく返事を控えて沈黙をした。オリヴァーにどう答えようか、彼女なりに考えを整理をしたかったのだ。

「あの・・・、日本の女性が相手にバカと言うのは、その人の知能、そうインテリジェンスに対してよりも、その行動、アクションに対してです。
オリヴァー、私はあなたの事を愚かな人だとは少しも思っていません。むしろ、恐ろしいくらい頭のいい人をだと思っています。だけど、あなたのとっている行動は、そんな賢い人のすることにはとても思えないんです。」

「そうかな?僕がトウダイジとトレードすれば、ビジネスを何十倍にも大きくできる。それにトウダイジが手に入れるものも小さくはないだろ?」

「だけど、あなたほどの人、東大寺グループじゃなくても引く手あまたでしょ?それに宙みたいな子供と組まなくても、お父様に直接話をした方がずっと早くなくて?」

「確かにね、シリコンバレーのコネクションを使った方が、スタートアップと組んでよほど面白いことができるかもね。
だけどさ、人間は時々ドントアンダースタンドなことをするよね。現にカヨコだって、わざわざタイゾーみたいなノーコントロールなヤツをチームに入れてるだろ?カヨコなら、いくらでももっとエクセレントなプログラマーが雇えただろ?しかも、タイゾーは最初カヨコのチームを嫌がっていたそうじゃないか。それをチームに入って貰うために、タイゾーのフーリッシュパーティにまで付き合ったんだろ?
バカなので言えば、カヨコも負けていないよ。」

「それは・・・、これは会社の業務ですから、私個人のお金は使えませんし、泰造さんがうちのチームメンバーの息子さんだったからもあります。最初は、軽い気持ちで力を貸して貰おうってしたんですけど、お父さんと上手くいっていないって聞いて、これは何とかしなきゃって、だんだん意地になってきて。」

「ふうん、ギリとニンジョー、カヨコもジャスト、ジャパニーズだね。」

「でも、オリヴァーは違うでしょ?」

「いや、君と同じだよ。タイゾーから聞いたよ。君はタイゾーに向かって、『あなたがいいんです、あなたじゃなきゃダメなんです』っていったろ。だから、僕も同じ。
カヨコがいたから、ソラやトウダイジとコネクションを持とうと思った。
そして、オヨメサンニクダサイは、僕のトゥルーハート。」

「もう、冗談言わないでください!」

怒りながらも、照れて真っ赤になる歌陽子。

「私は、希美さんや由香里さんのように美人でもないし、チャーミングでもないし、優秀でもないし、メガネ女子だし・・・。
あ・・・、ひょっとして・・・。」

何か気がついてしまった歌陽子。

「何?」

「贅沢なスイーツを食べ飽きて、田舎の漬物が食べたくなったってこと?」

「ええ!は、そりゃいい!傑作だ!それはそうかも知れない!」

そして、空に向かって高笑いするオリヴァー。
自分でボケたくせに、自分自身を田舎の漬物とくさされて、やはり面白くない歌陽子。
またまた、口を尖らせている。

そこへ、ホールの方から怒声が飛んできた。

「こらあ、カヨお!てめえ、何油売ってやがる!さっさとしねえか!」

うわあ、野田平である。

(#112に続く)