今日学んだこと

分かっていることは書かない。分かっていないから書いて学ぶ。だから「今日学んだこと」なのです。

手数を増やす

(写真:水槽の光 その3)

昔から、布団を整えることも、衣服を畳むことも苦手で、それもこの年にもなれば、いたし方ないかと諦めてきました。

しかし、家人の強い要請で、きちんとベッドメーキングをすることになり、実践して気づいたことがあります。

つまるところ、端をピンと張る、丹念にシワを伸ばす、それをするか、しないかだけの違いだったのです。もちろん、それをするにはチョコチョコと細かく手足を動かなくてはなりません。ただ、逆から言えば、万事大雑把で細かい手数を嫌っていたから、布団一枚整えられなかったのだと気付かされました。

これは、万事に通じるようで、例えば人に思いを伝えるのも、自分の気分に合わせて手数を厭っているうちは上手く行きません。自分の都合ではなく、相手のためを思って細かく伝え続けることが大切です。

しかし、つまるところ、未だ、手数を嫌って大雑把で済ますのが自分の課題です。
人は「30を過ぎたら矯正は無理」と言いますが、「生涯一書生」と学びを貫く人もいます。今の自分に満足せず、少しでもまともな人間に近づけるよう向上を心がけたいものです。