今日学んだこと

分かっていることは書かない。分かっていないから書いて学ぶ。だから「今日学んだこと」なのです。

別人格

(写真:帽子をかぶったテレビ塔 その1)

よく漫画や小説で感心する。

「この人は若いのによくこんな立派なセリフを書けるな」

しかし、

それは登場人物になりきるから、

しゃべれるのであって、

作家の日常の人格とは

別人格なのだ。

だから、人前で立派なことを言う人が、

日常でおかしな事件をおこす。

それも、立派な人格に

一時なりきっているのだ。

人は

何を言うかでなく、

どう行動しているかによって

判断すべきかも知れない。