今日学んだこと

分かっていることは書かない。分かっていないから書いて学ぶ。だから「今日学んだこと」なのです。

成長とは、考え方×情熱×能力#163

(写真:闇の光)

王子の話

「お、お願いします。電源を、切って、ください。」

KAYOKOー1号の思いもしなかった反応に歌陽子は怯えて、そう叫んだ。

ざわざわざわ、と観客席に波紋が広がった。

「なんじゃ、どうした?さっきまで、小難しい話をしておったかと思うと、今度は急に叫び出して。あの、娘気がおかしいんじゃないか?」

「ロボットが暴走しているらしいわ。」

「やれやれ、暴走はさっきのロボットでこりごりじゃわい。また、暴れて客席に飛び込んだりせんじゃろうな?」

「そう言うのとは、少し違うみたい。あの、ロボット、ひとりでにしゃべっているのよ。」

「さては、人生だの、なんだの、小難しい話ばかりしておるうちに、ロボットも知恵がついたんじゃろう。」

そんな観客たちの喧騒は気にも止めず、KAYOKOー1号はしゃべり続けた。

「かよこさん、どうかこわがらないでください。わたしは、あなたのねがいで、このよにうまれました。」

「なに?」

歌陽子は、こわごわと返事を返した。

「わたしは、あなたのぶんしんです。だから、あなたの、ねがうようにだけうごいて、しゃべります。」

「私の願い?」

「そうです。わたしは、あなたのねがいをかなえるために、うごいているのです。そして、あなたが、しあわせになれるような、おはなしをします。」

「さっき言いかけた話もそう?」

「もちろんです。」

「ど・・、どんな話なの?」

歌陽子は、彼女の分身と言うロボットに問いかけた。

「はい、おはなしします。それは、いまのあなたに、よくにた、ひとのはなしです。」

「私・・・?」

「それは、あるおうじの、はなしです。そのひとは、うまれながらにして、なんでももっていました。みんなをしたがえるちからも、なんでもかえるおかねも、ひとがこころから、そんけいするちえも、そしてなによりもうつくしいおうじでした。」

「何よ、ぜんぜん違うじゃない。」

「そうですか?わたしには、あなたはとてもかわいくおもえます。それに、おかねとちからをもったいえで、おじょうさまといわれているでしょう。」

「うつくしい・・・じゃないけどね。」

「それは、あと5ねんごに、きたいです。」

「あ・・・、ありがと。続けて。」

「そのおうじさまは、とてもめぐまれていましたが、いつのまにか、こころになやみをかかえるようになりました。」

「どんな?」

「いまが、とてもしあわせでしたが、それがいつまでもつづかないことに、きがついてしまったのです。」

(#164に続く)