今日学んだこと

分かっていることは書かない。分かっていないから書いて学ぶ。だから「今日学んだこと」なのです。

成長とは、考え方×情熱×能力#151

(写真:寒の桜)

願い

「何?」

一瞬、克徳は歌陽子の言葉を理解しかねた。
歌陽子はもう一度繰り返す。

「あと少しだけ・・・、コンテストを最後まで続けさせてください。」

それを、自分の腕にグッタリと頭を預けている娘が言うのだ。

「お前は、バカなのか!いい加減にしろ!」

声を荒げて、もう片手で強く歌陽子の肩を掴み、まっすぐ彼女の目を見た。怒りとも、悲しみとも判じられない感情が湧き出した。

「まあ、東大寺さん。」

そこへ、教授がとりなしに入る。

「先生からも、このバカものに何か言ってやって下さい。」

教授はしばらく思案した。
そして、歌陽子に言葉をかけた。

「痛み止めは一時的なものだ。それに、身体への影響も考えて、そんなに強い薬は使っていない。急いで病院で処置しなければ、また激痛で苦しむのじゃよ。」

一瞬、先ほどの痛みを思い出して怯んだ歌陽子だったが、意を決したように言葉を返した。

「でも・・・、ここでやめたら、一生心が痛みます。だって、私の大切な人たちには、これが最後のチャンスかも知れないんです。」

「仲間?」

呟くように繰り返して、教授は周りを見回した。しかし、側で覗きこんでいた、前田町、野田平、日登美は一斉に目をそらす。

「仲間って、誰のことじゃね?」

「歌陽子、お前のチームのメンバーのことを言っているのか?」

克徳の問いかけに、歌陽子はコクリとうなづいた。

「馬鹿言うんじゃねえよ!」

その時、急に前田町が怒声を上げた。

「この嬢ちゃんはな、自分がいいところの令嬢なのを鼻にかけて、好き勝手やってたとんでもない世間知らずなんでえ。それで、会社中から嫌われて、でえれも相手になんかしやしねえ。そんな奴に仲間なんかいるもんけえ。とっと連れて行ってくんな。」

「前田町さん・・・、そんな・・・。」

だが、それで全てを察した克徳は、歌陽子に提案をした。

「歌陽子、あの三人のことなら、心配はいらない。私が責任を持って、相応しい立場に返り咲けるよう取り計らう。」

「違ういます。今、この瞬間、ここに、あの人たちの魂の結晶ができているんです。今、ここでなきゃダメなんです。」

「この、いい加減にしねえか!」

前田町が拳を固めた。
そして、いつものように鉄拳を振るう格好をした。
しかし、歌陽子はその前田町に怯まずに、ニッコリと見返した。

「この・・・。」

たまらず前田町は拳を下ろした。

「ふん、勝手にしやがれ。死んでも、線香の一本もあげてやらねえぜ。それに、どうすんだ。あのロボットは嬢ちゃん用にチューニングしてあるんだぜ。他の人間じゃまともに動かせねえってえのに。」

「それは・・・、私がやります。」

それに、思わず克徳と教授は顔見合わせた。
その時、

「大丈夫!」

歌陽子は、わざと大きな声をだして、両手を腰の辺りについて、うんと力を込めた。

「おい、カヨちゃん、無茶はやめるんじゃ。」

教授が止める間もなく、歌陽子上体を起こし、身体をひねって、取り抑えようとする克徳の腕をスルリと抜けだした。
そして、一瞬腹ばいになったかと思うと、そのまま勢いをつけて立ち上がった。
2、3歩よろけながらも、高いヒールの上に身体を乗せた歌陽子は、しっかりと足を踏ん張り、

「ほら、立てたし、歩けたわよ。それに、全然痛くない。」と気丈に言った。

たが、憤然と立ち上がった克徳は歌陽子に近づくと、彼女の頬をいきなり張り飛ばした。

(#152に続く)