今日学んだこと

分かっていることは書かない。分かっていないから書いて学ぶ。だから「今日学んだこと」なのです。

成長とは、考え方×情熱×能力#149

(写真:田園の黄金雲 その5)

「ソラ・・・ですか?」

オリヴァーは、東大寺克典に問い直した。

「ああ。今回のプログラミングの一部を宙にも任せていたんだろ?」

「はい、確かにその通りですが・・・。」

「やはりか。」

「やはり・・・。」

歌陽子は、父親克典のつぶやきを繰り返した。

「あの、日登美さん。」

歌陽子は側にいる日登美に呼びかけた。

「何ですか?」

「あの・・・確か日登美さん・・・、うっ。」

「こらっ、嬢ちゃん、静かにしてろ。」

前田町が歌陽子を心配して声をかける。

「いえ、大事なこと・・・うっ、なんです。あの、 確か、宙のプログラミングには、うっ、危険なところがあるって言ってましたよね。」

「あくまで、一般論です。腕は立つが、業務系の怖さを知らないプログラマーは、細かいところの作り込みが甘くなります。自分の腕を過信するんでしょうね。」

「おそらくそんなところだろう。」

克典が日登美の話を引き取った。

「オリヴァーくん、若輩者にプログラミングを任せていながら、チェックを怠った。これは君の不手際だよ。」

「そ、それは・・・。」

「よく覚えて置きたまえ。これでは、日本のものづくりには通用しない。」

「イエス、キープマインド、デイープリー。」

「さ、分かったら、宙を呼んできてくれないか。宙自身も今回のことはこたえているはずだ。」

「イエス、サー。」

やがて、オリヴァーは宙を連れて戻った。

宙からは、コンテスト開始前の憎々しげな様子は消え、しょんぼりと肩を落としていた。

克典は、無言のまま宙の肩に手をかけ、そのまま抱き寄せた。
そして、静かに宙に語り始めた。

「宙、お前。姉さんに何か言うことはないか?」

「お、俺は別に。」

「よく見るんだ。お姉さんが命がけでお前のロボットを止めてくれたんだ。そうでなかったら、大惨事になったかも知れないんだぞ。だけどな、それで歌陽子は大怪我をした。」

「怪我って・・・どこも血なんか出てないじゃないか。」

宙は少し強がって言った。

「身体の中が傷ついているんだ。だが、歌陽子は、お前の大好きなお姉さんだったじゃないか。その大事なお姉さんが傷ついてなんとも思わないのか?」

「い、いい気味だ!」

その一言に歌陽子が苦しげに顔をしかめた。

「そうか・・・、だが、ならば、何故歌陽子をちゃんと見ない。本当は辛くて見られないんじゃないのか。お姉さんに嫌われるのを一番怖がっているのがお前じゃないのか?」

「わ・・・訳ないよ・・・。こんなツマラナイ姉ちゃんなんか、嫌われようが、死んでいなくなろうが、ゼエンゼン、構うもんか!」

「ソラ、やめないか!それじゃ、あまりにも、カヨコがカワイソウダ。」

堪り兼ねてオリヴァーが口を開いた。

それを克典が片手で制する。頑なな宙の心に変化の兆しを見たのか、後は姉弟でなんとかさせようと思っているようだった。

(#150に続く)