今日学んだこと

分かっていることは書かない。分かっていないから書いて学ぶ。だから「今日学んだこと」なのです。

成長とは、考え方×情熱×能力#143

(写真:黄金の河原)

カヨコとピア

ヘッドセットのスピーカーを通じて宙がオリヴァーに話しかけた。

「オリヴァー、聞いてる?あのばあちゃんって、オリヴァーが連れてきた人?」

「あのばあちゃんって?」

「だから、ねえちゃんがマダムとか言っているばあちゃんだよ。」

「さあ、僕は知らない人だな。」

「じゃあ、僕らに協力してくれるって人、どうなったの?」

「すまない。実は、手違いがあったようだ。だが、プレゼンは予定通りにできるからノープロブレムだろ?」

「それはそうだけど、あのマダムって、なんかねえちゃんと仲が良さそうで気に入らないよ。」

「ソラ、カヨコも悪気がある訳ではないだろうし、構わないだろう。」

「チェッ・・・。」

宙は、不満げに小さく舌打ちをした。

一方、マダム・ビアこと梨田夫人を介助しようと車椅子に近づいた歌陽子に、夫人に付き添っていた介護士が断りを口にした。

「あ、僕らが見てますんで。それに、あまり無茶はさせないで下さい。」

それで歌陽子も少しためらった。しかし、梨田夫人は、

「まあ 、あなた黙ってらっしゃいな。いつも、私が何かしようとするたびに、あれしちゃいけない、これしちゃいけないってうるさいのよ。せっかくこのお嬢さんがお世話してくださるのに、邪魔しないでちょうだいな。」と介護士を叱りつけた。

「もし、ロボットに乗って転倒とかしたらどうするんですか。」

それでも、彼は不服そうに言う。

「あの、私がきちんとお世話しますから。それでもダメですか?」

歌陽子は、半分心配をしながらも、梨田夫人の希望を叶えずにおくのが忍びなかった。

「あなた、本当に責任持てるんですか?」

怪訝そうに言う介護士に、歌陽子は、

「もちろん、もしもはあってはいけませんが、どうしても不安に感じられるならば、私が何者か申し上げます。」

「確か、東大寺さんでしたよね?」

「はい。今日の催しは、私の父の責任で行われています。ですから、もし万一何かあれば、東大寺グループ一丸となって責任を負います。決して御迷惑はおかけしません。」

「まさか、東大寺って・・・。」

介護士の青年は目を白黒させながら言った。

「はい。私の父、東大寺克徳は東大寺グループの代表です。」

「そ、それは失礼しました。」

すっかり恐縮をした青年と、逆に慌てた歌陽子。

「いえ、いえ、そんな大げさに受け取らないで下さい。」

そのやり取りを聞いてか聞かずか、梨田夫人は、歌陽子に、

「じゃ、よろしくね。」と笑いかけた。

その時、

「じゃあ、そろそろ準備して下さい」と言う宙の声。

いつの間にか、ステージから『ロボットハンド』は撤去され、代わりに介護用のロボットが設置されていた。

梨田夫人の呼びかけと、弟の宙の催促の両方に答えるように、歌陽子は、

「はい」としっかりとした返事を返した。

(#144に続く)