今日学んだこと

分かっていることは書かない。分かっていないから書いて学ぶ。だから「今日学んだこと」なのです。

成長とは、考え方×情熱×能力#121

(写真:透きとおる花弁)

遅参

「すげえ、Sクラスのベンツだ。」

その場におよそ似つかわしくない重厚な黒塗りの車両が、ホールの玄関に乗り入れた。
ホールの職員がそれを見て目を丸くする。

その後方のドアが開いて、華奢な足がのぞいた。

「安希子さん、無理言って済みません。」

「それより、お嬢様、あと車どうするんですか?」

「帰りはなんとかしますから、安希子さんはそのまま乗って帰って貰えます?」

「じゃあ、私、このまま寄りたいところがあるんですけど、いいですか?」

「あの、お仕事が大丈夫なら構わないんですけど。今朝忙しそうでしたし。」

「あ・・・、ああ、それは大丈夫です。」

(あ、そう。大丈夫なんだ。)

「ガソリンはダッシュボードのカードでいいですね?」

「え?」

「あ、何でもないです。それでは、私急ぎますので、早く降りてくださいませ。」

「あ、はい。」

歌陽子が車から降りると、安希子を乗せたSクラスのベンツは、重い排気音をさせて走り去った。

(いったい、どこまで行くつもりだろ?)

安希子の行く先を気にしながらも、歌陽子自身も急ぐ身だった。

(もう、12時、きっとものすごく怒られるわ・・・。)

歌陽子は、慣れない高いヒールを鳴らしながら、会場のホールへと急いだ。

一方、ホールのロビーでは、会場を日登美に任せた野田平と前田町が暇そうにしていた。

「前田の、だいだいお前は甘いんだよ。本番に、寝坊するようなふざけたようなヤツは、ガツンと言ってやるんだよ。」

「まあ、いいじゃねえか。嬢ちゃんに何事もなかったんだからよ。あの、宙とか言う、東大寺のクソガキ、『ねえちゃんは来ねえよ』とか抜かしやがるから、『どうしたんだ』って聞いたら、『昨日俺が叩きのめしたから、今日は一日ベッドから起き上がれねえ』とか言いやがって、あんまり言い方が憎らしかったから、ガツンと・・・。」

「え、お前、あそこの御曹司、ぶん殴ったのかよ?」

「は?ガハハハ。軽くだよ、軽く。」

「前田の、やっぱり、お前肝座ってやがるな。」

「ばあか、のでえら、おめえこそ、東大寺の令嬢をさんざんはたき回してるだろう。」

「か、カヨは、カヨだ。まあ、身内みたいなもんだし。それに、俺はあいつの教育係だからよ、今日でもガツンと言ったぜ。」

「そう言うな。電話を代わったらよ、嬢ちゃん、ガタガタ震えてやがったぜ。よっぽど、俺らに申し訳が立たねえって思ったんだな。」

「単純にお前が怖いんだよ。」

「それで、あんまり頭ごなしにやって、ここでトンズラを決め込まれても敵わねえ。とりあえず、カミナリはこちらに顔だしてからでも遅かねえ、って思ったのよ。」

「やっぱりか。まあ、俺が最初にキツイやつかますからな、あとは好きにしたらいいぜ。」

「おう、まかしときな。」

「あ、そう言っていたら来たぜ。呑気に手なんか振りやがって。俺らを怒らせたら、どうなるか思い知らせてやる。」

「あんまり、ビビらせるんじゃねえぜ。この後使いもんにならなくなったらコトだ。」

「それは、お前の方で調節しな。」

慣れないヒールを必死で鳴らしながら、歌陽子が駆けてきた。

「も、申し訳ありませんでした。」

そう言って、歌陽子は深々と頭を下げた。

だが、その胸ぐらにつかみかかって野田平は声を荒げた。

「てめえ、どういう了見だ!」

「きゃっ!」

「この、カ・・・ヨ、・・・・えっ!」

間近に歌陽子の顔を見た野田平の表情が変わった。

「お、お前、・・・凄え化けたな。」

一言で言えば、野田平たち年代にストライクの知的系女子。男なら誰しも心惹かれるニュースキャスター的インテリ女子。
知的な黒縁メガネに黒いリボンで結わえたポニーテール、歌陽子の細身の身体を引き立てる白いスーツ。
膝上5センチのスカートから伸びたすらりとした足に、高いヒールがよく似合っていた。
少女らしい可愛さを残しながら、しっかり大人の色気も発散する。
今日の歌陽子は、完全に野田平の動きを封じてしまった。

「あ、あの・・・、ごめんなさい。」

「い、いいってことよ。これから、気をつけるんだぜ。」

啖呵を切りながら、歌陽子にやられた野田平。前田町に対して、かなり気恥ずかしい。

「ま、前田の、・・・なんだよ。仕方ねえじゃねえか。」

だが、野田平のそんな心配は無用だった。
ポカンとして、まじまじと歌陽子を見つめている。

「いや、その・・・、ガハハハ、びっくりさせやがる。嬢ちゃん、いってえ、どうしたんでえ。」

「あ、これは安希子さんが、ヘアもメークもしてくれたんです。あの、やっぱり変ですか?」

「へええ、あのねえちゃん凄えなあ。お前みたいなガキをこんないい女に化けさせるんだもんな。」

「全くだぜ。てえしたもんだ。見損なってたぜ。」

「あ、有難うございます。」

とりあえず、怒られずに済んでヤレヤレ、安希子に感謝である。
プリンスホテルのディナーくらい安いものかも知れない。

「あ、あと、安希子さんがもう一つ気を利かせてくれました。」

(#122に続く)