今日学んだこと

分かっていることは書かない。分かっていないから書いて学ぶ。だから「今日学んだこと」なのです。

成長とは、考え方×情熱×能力#119

(写真:桶狭間のくれは(紅葉)その2)

寝坊

「え?」

一瞬、状況が分からなかった。
なぜ、電話の向こうの野田平はそんなに怒っているのだろう?

「あの、野田平さん?」

「カヨ、お前、時間を見やがれ!」

「え、時間?」

耳に当てたスマホを離して、画面を見る。
画面の上に小さく表示された数字、

9時30分!

ガバッと歌陽子はベッドから上体を起こした。

(寝坊だあ!!!)

今日は、野田平たちとホールの前で、9時に待ち合わせていた。
もう、30分!も過ぎてる!
それで、堪え切れなくなった野田平が電話を寄越したに違いない。

いや、違う。
きっと、この電話の裏側には、着歴が山のようにたまっているに違いない。

「おい、カヨ!聞いてんのか!お前、どうすんだよ!」

耳に当てていなくても、しっかり野田平の怒声が響き渡る。

「あ、あの・・・。」

恐る恐る耳に当てたら、

「このウスノロ!役立たず!無責任!クズヤロウ!」

暴言の嵐が吹き荒れた。

「ご・・・、ごめんなさい!ごめんなさい!ごめんなさい!ごめんなさい!ごめんなさい!ごめん・・・。」

「うるせー!ぐだぐだ謝ってんじゃねえ!」

「おい、のでえら、かわんな。」

野田平の罵声の向こうに、低い声がした。

うわあ、前田町だ。
前田町は、仕事にいい加減な人間には決して容赦がない。
そして、歌陽子が仕出かしたのは、まさに前田町が嫌いな仕事を舐め切った振る舞い。
本気の前田町に怒られたら・・・、もう立ち直る自信がない。

スマホを持つ手が小刻みに震える。
お腹が痛くなってきた。
昨日、宙に蹴られたよりも、もっと。

このまま電話切っちゃおうか・・・。
いや、とてもとても、そんな恐ろしいことはできなかった。

そして、

「嬢ちゃん・・・。」

前田町の今まで聞いたことがないくらい不機嫌な声が響いた。

「は・・・、はい・・・。」

かろうじて返事をしたが、喉の奥で声が掠れた。
口のなかが乾いてきた。

次の一言を待つまでの時間が長い。

「でえじょうぶか?」

しかし、声の感じと異なり、前田町の口からは歌陽子を労わる言葉が発せられた。

「え・・・、は・・・い。」

「嬢ちゃんのことだ、例によって何かあったんじゃねえかと心配したぜ。」

「そ、それは・・・。」

「前さん、今朝オリヴァーを見た途端、『てめえ、うちの嬢ちゃんに何しやがった!』って殴りかかっていましたからね。」

「手篭めにでもされたんじゃねえかって、な。」

電話の向こう側から、日登美と野田平の軽口が漏れてくる。

「こら、おめえら、いらねえこというんじゃねえ。」

(て、手篭めって・・・。)

「何にもねえんだな。」

「は、はい、何にもないで・・・す。」

「よし、良かった。この・・・バカ、ムスメが!」

そこで、初めて前田町の怒声が大音量で響いた。

耳がキーンとなった。

だが、それきり前田町は声の調子を変えて言った。

「焦らなくていい。コンテストの本番は昼からだ。しっかりめかしてくるんだぜ。何しろ、あんたが主役だ。嬢ちゃん抜きじゃ始まらねえ。頼んだぜ。」

「は、はい、ぐずっ。ごめんなさい。」

こんな怖い人は知らない。でも、同時にこんな優しい人も知らなかった。
感極まった歌陽子は、電話に向かってすすりあげた。

「また、泣いてんのか。しょうがねえ嬢ちゃんだなあ。それより、時間がなくなるぜ。早くしな。」

「は・・・い。」

プッ。

そこから、歌陽子の頭の中では、時間の計算が始まった。
ロボットコンテストは昼からとは言え、打ち合わせも必要だった。だから、12時前には着いていたい。
移動に一時間かかるとして、あと一時間半で家を出たい。その間に、お風呂にも入らなくてはならないし、身支度もしなくてはならない。用意した洋服に合わせてヘアのセットも必要だった。
タイトなスケジュールが分かると、歌陽子はベッドから飛び出して、ドアを開け、吹き抜けになっている部屋の前の手すりから下に向かって、大きな声で叫んだ。

「安希子さん、お願〜い。力を貸して!」

(#120に続く)