今日学んだこと

分かっていることは書かない。分かっていないから書いて学ぶ。だから「今日学んだこと」なのです。

成長とは、考え方×情熱×能力#110

(写真:北潟湖にかかる雲)

気の利くオリヴァー

「やあ、カヨコ、危ないところだったね。」

オリヴァーは手に、下に転がった大切な機材を持っている。

「ほら、カヨコ。」

オリヴァーは、歌陽子に機材を手渡した。

「あ、有難うございます。」

少し硬い表情で、オリヴァーに礼を言う歌陽子。
一ヶ月ぶりの再会である。
その間、オリヴァーが送ってきた自撮りメールは完全に無視をしてきた。
自分の気持ちは十分伝わっているだろうに、またニコニコして目の前に現れる。

「やあ、元気だった?」

メールのことはおくびにも出さない。すごく懐かしい友達と再会した、そんな体を見事に演じ切っていた。

「あ、あはは、まあなんとか。」

そんなオリヴァーにツンツンしたら良いか、親しげに接したら良いか、対応に迷った歌陽子はとりあえず、愚直な日本人に習って笑ってごまかそうとした。

そのうちに、オリヴァーがひらりと荷台に乗ってきた。
思わずビクッと身構える歌陽子。

「カヨコ、ダイジョウブ、何にもしないよ。」

身を硬くしている歌陽子に気づいてオリヴァーが声をかける。

「僕は、マサノリとの約束を守るよ。だから、心配いらないよ。」

「そ、そんなつもりは・・・。」

一応、言い訳はしておく歌陽子。

「そう?」

そう言って、オリヴァーがスッと腕を上げると、

「わっ!やめて!」と瞬間的に身を縮める歌陽子。

「ほら、やっぱり疑っている。」

「だ、だって・・・。」

歌陽子にとっては、決して気を許すべからざる相手なのだから。

「はっ、はっ、は。」

不意に屈託を吹き飛ばす笑い声をあげるオリヴァー。そして、

「バカだなあ、カヨコは。」と言う。

少し口を尖らせる歌陽子に重ねて、

「そんなことをしていてもいいの?カヨコには、ものすごく怖い三匹のゴブリンがいて、ワークハードしないとひどい目にあわされるんでしょ?」

(そうだった!)

それで歌陽子も少し態度を改め、

「あの、オリヴァーさん、では、手伝ってくださって?」と少し可愛らしいところを見せた。

「ああ、モチロン。」

本来、ライバル同士の二人、腹の中ではどんなことを考えているか分からない。

オリヴァーは、少しでもライバルチームの秘密を見たがっているかも知れない。歌陽子は、都合よく働かせて、さっさと追い払うつもりかも知れない。
しかし、今の二人にはそんな屈託は全く感じられなかった。

歌陽子には届かなかった奥の奥、電源タップと延長コードの包みにオリヴァーの長い腕は楽に届いた。

「はい、カヨコ、これだろ?」

電源タップの包みを渡すオリヴァーに、

「わあ、有難うございますう。」と、自分でもどうかと思うくらいのしなを作って答える歌陽子。

そしてそのまま、ぴょんと荷台から飛び降りると、台車に電源タップを乗せてホールに向かって押しかけた。
すると、横に並んでオリヴァーがついてくる。しかも、重そうな機材を2つも肩に担いで。

慌てて歌陽子は、

「あ、あの、オリヴァーさん、いいです。もういいですから。」と断る。
もし、このまま連れ帰りでもしたら、

「てめえ、何、敵とつるんでやがる!」と張り倒される。
しかし、オリヴァーはそんな歌陽子の心配など全く気にする様子もなく、

「カヨコ、君のような可愛い子に辛い仕事をさせたままじゃ、僕のオトコガスタル。」と、ニッコリ笑う。

「オリヴァー・・・。」

「なんだい?」

歌陽子はそのとき、かねてから感じていた疑問を投げかけることにした。

「オリヴァー、あなた、ホントは・・・。」

「ん?」

「バカなの?」

(#111に続く)