読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日学んだこと

分かっていることは書かない。分かっていないから書いて学ぶ。だから「今日学んだこと」なのです。

成長とは、考え方×情熱×能力#12

(写真:ロードスキャナー)

日登美ジュニア

「はあい、どなた?」

インターフォンの向こうから物憂げな男性の声が響く。
しかし、歌陽子(かよこ)が名乗る前に、男性は言葉を継いだ。

「あ、いい、いい。間に合ってるから。」

ガチャ。

何で?一言も言ってないのに。

気を取り直して、もう一度マンションのエントランスのインターフォンを押す。

ピンポ〜ン。

ガチャ。

今度は聞かれる前に歌陽子から話し始めた。

「あのお、私、東大寺歌陽子と言います。お母様から聞いておられませんか?」

「ダメ、ダメ、今日は今から何とかって言うお嬢様が来るんだから。あんたみたいな学生の相手をしてる暇ないの。
どうせ、寄付集めかなんかでしょ。それとも、視聴料の徴収?」

また切られては敵わないので、勢い込んで歌陽子は喋ろうとした。

「あの、私が、その東大・・・。」

その時、後ろに立っていた前田町の怒声が歌陽子の頭を飛び越して行った。

「こらあ、泰造!さっさと開けやがれ!」

「ゲッ!前田のオジさん・・・。何で・・・?」

「ツベコベ言ってねえでサッサとしろ!3数えるうちに開けねえと蹴破るぞ!」

本当にやりそうだ。

「1・・・2・・・3!」

ガチャリ。

小気味の良い音を立ててオートロックが解除される音がした。

「さ、嬢ちゃん、行こうぜ。」

「は、はい。」

エレベーターに乗って23階で降りると、そこはいくつもの玄関が並ぶ外廊下だった。
そのうちの一つから、扉を半開きにしてこっちを見ている男性がいる。

「お、おう、泰造、久しぶりだなあ。」

前田町が声をかけると男性はバタンと扉を閉めて中に引っ込んだ。
しかし、ズカズカと前田町は、その扉に近づくといきなりバン!バン!バン!とやった。
歌陽子はかなり慣れたが、前田町の行動は基本「乱暴」の一言である。

「わ、わかったよ。扉が壊れるよ。」

そして、あの男性がまた顔を出した。

「オジさん、普通にインターフォンがあるだろ?」

「うるせえ、おめえ昔から何かって言うとすぐ居留守を使いやがるだろ。」

「そりゃ、オジさんが無茶苦茶怖いからだよ。」

「怖いだあ、高校一年で暴走族の頭をしめた奴の言うことか。」

「昔のことだよ。それに、俺、前田のオジさんぐらい怖い人を他に知らないもん。」

思わず、コクリと隣で頷いた歌陽子。

「あ、そう言えば、今日は取り込んでるんだよ。母さんから連絡があって、何とか言う凄い財閥の令嬢が訪ねてくるんだ。
だから、あまり相手できないよ。」

「ほう?おめえ、その令嬢の名前を覚えてねえのか?」

「ん?待てよ。よく聞く名前だったな。えっ・・・とうだい、何だっけ?」

「東大寺。」

たまらず歌陽子が口を挟んだ。

「そうそう、東大寺。東大寺財閥なんて、未だにそんな人種が生き残っているなんて驚きだよ。でも、凄いお金持ちだって言うし、いつか俺が独立したらスポンサーになって貰えるかも知れないしね。」

「せいぜい、媚を売っておくこった。」

「あのさ、なんで東大寺の令嬢のこと、母さん知ってたんだろ?」

「おめえのおっ母さんじゃなくて、俺たちの知り合いなのよ。一応、東大寺は俺たちの会社の筆頭株主だからな。」

「そっか、じゃあ、オジさんも東大寺の令嬢に用事があって来たの?」

「まあ、そんなとこだ。」

「じゃあ、その令嬢が来るまで中に入って待つ?」

「泰造、おめえ・・・。」

「何?」

「アメリカで成功してちっとばかし小金を稼いだらしいが、まだまだてえしたことねえな。」

「オジさん、それはどう言う意味?」

少し気色ばんだ泰造に、前田町は歌陽子の右腕を掴んで、彼の目の前に突きつけた。

「う。うわあ。ロレックス!しかも100万くらいするやつ。」

「どおでえ、この嬢ちゃんが誰だか分かったか?」

強く掴まれて痛かったのか、腕をさすりながらも歌陽子は恥ずかしそうに自己紹介をした。

「あの、私、東大寺歌陽子です。」

(#13に続く)