今日学んだこと

分かっていることは書かない。分かっていないから書いて学ぶ。だから「今日学んだこと」なのです。

デスマス、卒業宣言

(写真:トヨタスタジアム)

《デスマス、卒業宣言》

突然ですが、明日から「今日学んだこと」はデスマスから卒業します。
つまり、少し投稿がぶっきらぼうになるということです。
そもそもこの投稿は、Facebookで始めたものです。Facebookでは、いろんな立場の方と実名で友達になっています。当然、お客さんや大先輩とも。
そのため、誰に読んで貰っても失礼でない文章を意識した結果、デスマスで丁寧口調だったわけです。しかし、ここに来てデスマスの限界に突き当たってしまいました。

《理由その1》

デスマスは、一見丁寧な言い方に聞こえますが、決してそうではありません。
そもそもデスマスは、上司に報告する時や、お客さんに説明をする時、あるいは講義で受講者にレクチャーをする時に使用する語尾です。
つまりは、相手があることを意識した言い方です。私の場合は、Facebookの友達を意識しているんですけど。
でも、投稿が自分の勉強したことを確認している内容なので、下手にデスマスを使うと物凄くレクチャーっぽくなっていません?
どんなに気をつけても、上から目線的な言い方になるのが悩みでした。

この「今日学んだこと」は、自分の中の独白であり、心のつぶやきです。それを昔からエッセイと言うんですが、デスマスのエッセイって変ですよね。
もし、今後もこの投稿を読んで下さる方があれば、より気持ちよく読んで貰いたいと思います。
だから、デスマスは止めます。

《理由その2》

あと、デスマスはどうしても表現に限界があります。
言ってみれば、デスマスは服装ならばフォーマル。できるダンスは社交ダンスくらい。
激しいストリートダンスを踊るためには、もっとカジュアルでなくっちゃ。

だから、読んでくれる人にもっと楽しんでもらう為には、いろんな文体を試したい。
でも、デスマスは、それなりに綺麗にまとめないとチグハグになるので、あまり逸脱した文章は書けないのです。
ですから、デスマスのネクタイを外して、背広を脱いで、もっともっといろんな表現に挑戦したいと思います。
だから、デスマスは止めます。

こんな私ですが、どうかこれからも呆れかえらずにおつきあいください。