今日学んだこと

分かっていることは書かない。分かっていないから書いて学ぶ。だから「今日学んだこと」なのです。

結果にコミットする?

f:id:FairWinder:20150412230236j:plain
(写真:阪神 その1)

最近話題のCMと言えば、『結果にコミットする』で有名なスポーツジムの「ライザップ」。

『結果にコミットする』は、とてもかっこいいコピーです。
ちなみに『コミットする』は、「確約する」という意味ですから、言わば『結果を保証します』をカッコよく言っている訳です。

CMでは、元プロボクサーの赤井英和氏がお腹の突き出た、私ら中年男性お馴染みの崩れた体つきで登場。そして、「いやあ、赤井さんも見る影がないな」と思っていたら、次の瞬間、自信に溢れた笑みを浮かべて、見事に引き締まった黒光りのする肉体で再登場します。
つまり、こんな中年おじさんでも、ライザップでしばらくトレーニングすれば、マッチョな男らしい肉体に大変身しますよ、となる訳です。
確かに、そこへ『結果にコミットします、ライザップ』と畳み掛けられたら、凄い!と思って記憶に残るでしょう。

ちなみに、このCM放映当初にはいろいろと議論がありました。
別人だろ、とか、CGや特殊メークだろう、とか。確かに、そのような姑息な手段で誇大広告をする事例はありますからね。
しかし、あの映像は、間違いなくビフォー、アフターともに、赤井英和氏本人だそうです。
情報通の人に聞いてみたら、「あのライザップのカリキュラムを忠実にこなせば、誰でもああなる。」とのこと。まあ、マッチョ製作マシーンやマジックが存在するのではなく、普通に蒔いた種が現れるということらしいですね。

ちなみに、少しだけライザップのウェブサイトを覗いてみました。
入会金は5万円。ふむふむ割と普通です。
コースは、スタンダードが2カ月間16回コースで「30万」!
上位クラスが、同じく2カ月16回で、なんと「50万」!!!
内容は、50万コースで、定期カウンセリング+2カ月間16回の80分マンツーマンの個室指導、さらにダメ押しの食事指導。その内容までは分かりませんが、ブートキャンプ+断食道場のような印象を受けてしまいます。違っていたら、ライザップさんゴメンなさい。
でも、そこまでやらなくては、あの大変身はあり得ないでしょうね。

しかし50万とは、余程お金に余裕のある人が対象ではないかと思えます。
でも、こんな人ならどうでしょう。
独身男性で、ある時好きな人ができましたが、肉体面も含めてもろもろに自信が持てない。
その時、ライザップのあのビフォー、アフターの映像を見たら、「僕が赤井さんのようなマッチョになれたら、もしかしたら彼女も振り向いてくれるかも。」と思うかも。
なにせ人生がかかっているのです。ボーナスの一回や二回つぎ込んでも安いものでしょう。そう考えれば、思う以上にターゲット層は広がります。

このライザップが上手いところは、きちんと『結果にコミット』していることです。
他のスポーツクラブがカリキュラムの良さや値段の安さばかりをうたっているのに対して、ライザップはお客さんの「こうなれたらいいな」を確実に実現することを売りにしています。つまり、道具だけ用意するから後はお客さん次第というやり方ではなく、結果から逆算して、そのためにはこれだけの費用を負担して下さい、と言い切っているのです。
確かに、納得感ありますよね。

よく『モノを売るな、体験を売れ』と言われますが、その製品やサービスを使った時、自分たちが今より良くなっているところを具体的にイメージできると購買欲が一気に高まります。
体験を売るとは、商品を購入したことによる結果を確約(コミット)して、そこから逆算して購入対価を納得してもらうことです。
今迄、そんな商品の提案ができていたかと思うと反省をさせられます。
毎日見ているCMにも学びが多いですね。