今日学んだこと

いい年して、未だに学ばなくてはならない不心得もの。今日も学んで書いて、糧になれ。

目立つ飼育員

(写真:バースデイの想いで) 動物より目立つ飼育員がいたら、それは問題である。メンバーより評価されたいリーダーがいたら、それはリーダー失格である。

1日10分の

(写真:ライノ@mornning) 1日10分の勤勉が10日で100分の努力となり、1ヶ月で5時間の精進となり、1年で60時間の研鑽となり、一生で200日積み重ねとなる。1日10分の怠惰が・・・。

ウソくさい

(写真:ライノ@night) どんな立派な言葉でも、それが痛みの体験を伴わないとそれはとてもウソくさい。

思え

(写真:エナジー・ファン) 我の強い人に対する時は、介護士の苦労を思え。要求が多い人に対する時は、ホテルマンの苦労を思え。ままにならぬ人に対する時は、看護師の苦労を思え。

上司の言葉

(写真:路面電車in札幌) 上司は、部下の言葉をそのまま受け売りをすることはできない。なぜなら、自分の口から出した時、それは上司自身の言葉になるから。

バカな人

(写真:夜の北海道庁 その2) いわゆる世間で言う『バカな人』は、自分が『バカ』であることの隠し方を知らないだけではなかろうか?

学びのきわみ

(写真:夜の北海道庁 その1) 思いて聞かざればすなわち狭く、聞きて思わざればすなわち薄し。

ランナー

(写真:グラデーションタイム) 走り初めは負荷ばかりで嫌になるけど、スピードに乗れば風が心地良くて止まりたくなくなる。

象を描く

(写真:緑の隆起) ある者は、「ホース」と言い、ある者は、「大きな団扇」と言い、ある者は、「壁」と言い、ある者は、「太い柱」と言い、また、ある者は、「箒」と言う。その断片をつなぎ合わせて、「象」を描くことがマネジメントの本質かも知れない。

これからの時代

(写真:コスモスの夕ぐれ) 今までのこの国は思考停止して従う人を良しとした。これからのこの国は自ら思考できる人が変えてゆく。

4回負けて

(写真:すすき野のたそがれ) 人生はいつも勝たなくて、それで良い。4回勝っても、最後で負ければ、負けだけど、4回負けても、最後で勝てれば、勝ちは勝ち。

できる奴には

(写真:くれ色グラデーション) なぜ、できる奴には美人の奥さんがいるのか。ハンサムでもない、ロマンチックでもない。ただ、自分に対する肯定感が強い。強いから、女性に対しても怖じず怯まずアタックするからに違いない。

都合の悪い方へ

(写真:百日草) 正しく生きるコツ、それは自分の都合の悪い方、悪い方へと進むことである。

(写真:コエビソウ) 自分をいろんな水で満たすには、まず自分の器を空っぽにしなければならない。

精一杯を解きほぐす

(写真:ランタナ) 「精一杯やってます」その「精一杯」を解きほぐす。その「精一杯」を読み解いて「精一杯」の理由を探す。仕事の集中か、段取りの不足か、気持ちの多忙か。

失敗

(写真:赤髭と白髭) 失敗したと言うことはきちんと学んでくれたことだから、本当は無茶苦茶褒めてやりたい、そんなことができる人間に私はなりたい。

今年の抱負

(写真:令和の朝焼け) 言葉より心を見る。形より本質を見る。見せかけを飾るより、良い習慣を身につける。

本当に欲するもの

(写真:二匹のたそがれ その3) お金が欲しいんじゃない、安心感が欲しい。旅行がしたいんじゃない、友達との語らいの時間が欲しい。コーヒーを飲みたいんじゃない、朝のゆったりとした時間を味わいたい。その本当に欲するものは、何か。

あれ?

(写真:二匹のたそがれ その2) あれ?よく失敗して怒られている人ほど本当は活躍しているなあ。

歯車

(写真:二匹のたそがれ その1) ポジティブな声ばかり評価してネガティブな声を押さえ込むと気持ちの凹凸が噛み合わない。凹凸が噛み合わなければ、人と人との歯車は上手く回らない。

一番大切なこと

(写真:ハナアブ) 動力を伝える時に一番大切なこと。それはギアとギアがしっかりと噛み合うことである。

自分探し

(写真:苔むす橙々) 自分探しって自分は何者かを探すのでなく、みんな自分を他人にどう定義して貰うかを探してるって知ってた?

粛々と

(写真:ビルの谷間の夕空) 大枠で合意ができたらあとは粛々と進めるのみ。なぜなら結果が出るまで誰も評価をしないのだから。

C'est la vie

(写真:木漏れ日の木翁) なべて人の人生は幸(さち)ばかりでなく不幸(ふしあわせ)ばかりではない。どこを切り取って見せるかで人生は幸せにも不幸せにも見えてしまう。C'est la vie.(これが人生さ)

影の資格

(写真:家爺い) 太きものには太き影、細きものには細き影、相手に合わせて自在に変化できてこそ、影たるものの資格あり。

聴くという作業

(写真:ひそみのザリガニ その3) 聴くという作業、それは、自分がどんなに人材と 環境に恵まれているか、それを棚卸しをする作業である。

欲しければ

(写真:ひそみのザリガニ その2) 人に関心を持って欲しければ、人に関心を持て。

お金の流れ

(写真:ひそみのザリガニ その1) お金の流れは血液の流れと同じ。流れが止まれば血液は血栓を生み、お金は執着を生む。

仕事する人

(写真:風雲急) 技術で仕事する人規則で仕事する人交渉で仕事する人人間で仕事する人いろいろ。

聴く仕事

(写真:電線越しの月とに叢雲) つまるところ、『聴く』ことでしか始まらないし、『聴く』ことでしか分からないし、『聴く』ことでしか通じない。つまるところ『聴く』こと以外に仕事はないのである。