今日学んだこと

分かっていることは書かない。分かっていないから書いて学ぶ。だから「今日学んだこと」なのです。

成長とは、考え方×情熱×能力#165

(写真:鬼っこ) 南の門 「『わたしも、やまいにかかれば、いきながらにして、あのような、むざんすがたになるのか?』そう、おうじは、ふかく、かんがえこんでしまいました。 しんぱいした、とものものがこえをかけます。 『おうじさま、そんなことを、か…

成長とは、考え方×情熱×能力#164

(写真:クラウディ・タウン) 東の門 「幸せが続かない?」「そうです。とみも、けんりょくも、かしこいあたまも、つよいにくたいも、すべて、このよにいきている、わずかなあいだだけのものです。やがて、からだが、ほろびるとどうじに、すべておいて、こ…

成長とは、考え方×情熱×能力#163

(写真:闇の光) 王子の話 「お、お願いします。電源を、切って、ください。」KAYOKOー1号の思いもしなかった反応に歌陽子は怯えて、そう叫んだ。ざわざわざわ、と観客席に波紋が広がった。「なんじゃ、どうした?さっきまで、小難しい話をしておっ…

成長とは、考え方×情熱×能力#162

(写真:ウオール・オブ・ゴールデン) 光と闇 「私の答えは・・・。」歌陽子は、低く、そして力強く言った。「全てが闇に閉ざされたとしても、決して消えない光を手に入れることよ。」「かよこさん、あなたは、まるでむかしの、じゆんきょうしゃのようです…

成長とは、考え方×情熱×能力#161

(写真:イブニング・クレーン) 私の答え 「ある哲学者が『この世で最善のことは何か?』と問われて、『それは、もう手遅れです』と答えたんですって。相手はびっくりして、『それは何故か?』と聞きかえしたの。それに哲学者は、『それは生まれないことだ…

成長とは、考え方×情熱×能力#160

(写真:ももいろクラウド) 人生の問い 「はい、かよこさん、おはなししましょう。」「何について話そうか?」「かよこさん、あなたはどんなじんせいを、おくりたいですか?」「うん、長生きをしたいかな。」「ながいきしたら、それだけつらいこともたくさ…

成長とは、考え方×情熱×能力#159

(写真:光の赤) 私たちのツバサ 歌陽子は、ゆっくりと、しかし力強く語り始めた。「皆さん、私は東大寺歌陽子と言います。今日の催し物を開いた三葉ロボテクの社員であり、三葉ロボテクを含む東大寺グループ代表の東大寺克徳の娘でもあります。」「へえ」…

成長とは、考え方×情熱×能力#158

(写真:ブルー・ハイ) 届けたいもの 「人は何を求めて生きているのでしょうか?お金でしょうか?立場でしょうか?名前でしょうか?あるいは、友達、家族? 確かに、それに間違いありませんが、でもそれは材料に過ぎません。」「材料?お金が?」「はい、材…

成長とは、考え方×情熱×能力#157

(写真:スカイ・ライン) 生きる意味 「それは、違います。」それは、大きな声ではなかった。でも、きっぱりしていた。 その歌陽子の断言に、観客席のヒソヒソ声は止んだ。「そうじゃありません。死んだらいい人なんてありません。人間はどんな状態になって…

成長とは、考え方×情熱×能力#156

(写真:睦み合い) 老いらくの痛み 「おお・・・、おお。そうじゃ、そうじゃ。」歌陽子のプレゼンテーションを見ていた老人たちから、感嘆にも似たつぶやきが漏れた。「そうじゃよ、わしは箸が好きなんじゃ。」「私もそう、スプーンじゃ、食べた気がしない…

成長とは、考え方×情熱×能力#155

(写真:風の童子) KAYOKOー1号 「はい、わかりました。」ロボットが応答すると、急遽頼んだアシスタントの佐山清美が食事を乗せたワゴンを運んで来る。 歌陽子の座っている椅子の前にワゴンを据えながら小声で言った。「ねえ、あんた、本当に大丈夫…

成長とは、考え方×情熱×能力#154

(写真:モリゾー) 分身 「さ、姉ちゃん。」鈍い痛みをこらえながら立ち上がった歌陽子に弟の宙が手を差し出す。 歌陽子は、コクリとうなづくと黙って宙の手を取った。 ステージの真ん中には、前田町ら三人の技術者が精魂込めた『KAYOKOー1号』が待…

成長とは、考え方×情熱×能力#153

(写真:迎春の枝ぶり) 再開 「ねえ、宙・・・、有難うね。」「チェッ、黙ってろよ、ほんとはシンドイんだろ。」 東大寺克徳の一言でロボットコンテストの再開が決まり、会場の椅子がまたもとのように並べられた。 そして、一時散らばってしまった観客、つ…

成長とは、考え方×情熱×能力#152

(写真:WASH!) バカモン親子 パァン。鋭い音が周りに響き、頬を強く叩かれた歌陽子は顔を覆ってその場にうずくまった。吹き飛ばされたメガネはヒビが入って近くに転がっている。 そして、その光景に、その場に居合わせた全員の背中の毛がそそけ立った…

成長とは、考え方×情熱×能力#151

(写真:寒の桜) 願い 「何?」一瞬、克徳は歌陽子の言葉を理解しかねた。 歌陽子はもう一度繰り返す。「あと少しだけ・・・、コンテストを最後まで続けさせてください。」それを、自分の腕にグッタリと頭を預けている娘が言うのだ。「お前は、バカなのか!…

成長とは、考え方×情熱×能力#150

(写真:錦 夕刻) 歌陽子の覚悟 「宙・・・。」歌陽子は弟に声をかけた。「ごめんね。私が・・・うっ、・・・台無しにしちゃった。」前田町が何か言おうとするのを、父親の克徳が手振りで制する。「昔から・・・だよ。」ポツリと宙が言う。「いっつも物分か…

成長とは、考え方×情熱×能力#149

(写真:田園の黄金雲 その5) 弟 「ソラ・・・ですか?」オリヴァーは、東大寺克典に問い直した。「ああ。今回のプログラミングの一部を宙にも任せていたんだろ?」「はい、確かにその通りですが・・・。」「やはりか。」「やはり・・・。」歌陽子は、父親…

成長とは、考え方×情熱×能力#148

(写真:田園の黄金雲 その4) 痛み 「おい、カヨ、大丈夫か?」気がつけば、頭の上から野田平の声がする。 会場の天井のライトが見える。 視界には、前田町、日登美の顔。 あと、心配そうな野田平の顔まで見える。 そして、すぐ目の前の大きな肩は誰だろう…

成長とは、考え方×情熱×能力#147

(写真:田園の黄金雲 その3) 盾 「あ、あなた、危ない!どいて!そこどいて!」悲鳴のような声で訴える梨田夫人。 だが、歌陽子はギリリと歯を食いしばり、腰を落として夫人を受け止める体制を取った。 その小柄でか細い身体をクッションにして、まっすぐ…

成長とは、考え方×情熱×能力#146

(写真:田園の黄金雲 その2) 暴走 意を決したように、マダム・ピアは口を一文字に引きむすんだ。 夫人の体内ではどんな電気的な指令が出されているのか、外目からは知る由もない。 だが、鎧に装着されたフレーム内部のアクチュエイターの動きが急に活発に…

成長とは、考え方×情熱×能力#145

(写真:田園の黄金雲 その1) 意思の鎧 「でも、私の足はもう動かないのよ。」『ARTIFICIAL BODY』というロボットの鎧をまとい、宙から立ち上がるように言われたマダム・ピアこと梨田夫人は、戸惑いの色を隠せなかった。 そして、困惑の顔を…

成長とは、考え方×情熱×能力#144

(写真:石小僧) ARTIFICIAL BODY ステージの自立駆動型介護ロボット『ARTIFICIAL BODY』は、パックリと正面に口を開け、搭乗者を待ちわびていた。 真下から見上げる梨田夫人にとって、ロボットの本体はとても高い位置に思えた…

成長とは、考え方×情熱×能力#143

(写真:黄金の河原) カヨコとピア ヘッドセットのスピーカーを通じて宙がオリヴァーに話しかけた。「オリヴァー、聞いてる?あのばあちゃんって、オリヴァーが連れてきた人?」「あのばあちゃんって?」「だから、ねえちゃんがマダムとか言っているばあち…

成長とは、考え方×情熱×能力#142

(写真:ちぎれ雲とシルエット) 歌陽子の責任 歌陽子は、次が自分の出番にも関わらず、観客席の隅にいた。そして、宙のプレゼンへの協力者がいないと見ると進んで手を上げた。(ひっこんでろよ、バカ。)宙は姉の行動に心の中で毒づいた。 彼は、歌陽子に協…

成長とは、考え方×情熱×能力#141

(写真:野にある灯籠) 新しい未来 「もっとすごいもの見せますよ。」自信ありげに、宙が言った。宙がスイッチを押して操縦者の解放を指示すると、マシンはあたかも脱力するようにアクチュエーターの動力を止めた。 そして、宙を拘束していたパーツが左右に…

成長とは、考え方×情熱×能力#140

(写真:森林浴) ARTIFICIAL BODY 司会の紹介に続いて姿を現したのは歌陽子の弟、東大寺宙。 小柄で、線の細い容姿に観客席からは、「まあ、可愛い坊ちゃんだこと。」「どんなロボットを紹介してくれるの?」と、主に婦人を中心に微笑ましげ…

成長とは、考え方×情熱×能力#139

(写真:錦絵) 宙プロジェクト 「清美さん。」「あ、かよちゃん。」ブースの裏手から飛び出してきた佐山清美に歌陽子が声をかけた。「お疲れ様です。」「どう?私のプレゼン。少しはプレッシャーを感じた!」「う〜ん、プレッシャーと言うか、少し気が楽に…

成長とは、考え方×情熱×能力#138

(写真:彼方の立山) 様々な評価 「おい、おい。」ヘッドセットのイアホンの声にハッと我に返る佐山清美。「いつまで、やっているんだ。早くひっこめ。」川内の声に、「はい、済みません。」と清美は答え、最後に大きなお辞儀をした。 それに対して、会場か…

成長とは、考え方×情熱×能力#137

(写真:シティギャング) 喝采 腰の下のモーター音に、久里山はもぞもぞと居心地悪そうにした。「大丈夫ですから、落ち着いて座っていてください。」落ち着かない久里山の様子に佐山清美が声をかける。 そのうち、車椅子の車体が上がり始めた。「おおお。」…

成長とは、考え方×情熱×能力#136

(写真:山の向こうの怪獣) 機械の足 「何はともあれ、試して下さい。」佐山清美が、背の低い車椅子を押してベッドに近づけると、車椅子の背面のランプが点滅し、ベッドと通信を始めた。 そして、清美が手を離すと同時に、車椅子のタイヤはひとりでに転がり…